龍市龍市

どうも!龍市です!
『2Mパートナー』へのご訪問ありがとうございます!\(^o^)/

レンタルサーバーの契約が済んで、
ドメインを取得したら

いよいよ
WordPress(ワードプレス)をインストールして
ブログを開始するだけです!


今回の記事では、
エックスサーバーでのWordPressの自動インストール方法をまとめていきます。

一箇所、注意して欲しい
よく間違えがちな箇所があるので
ぜひ、注意して進めていただければと思います。

↓↓↓エックスサーバーでのWordPress自動インストール方法の解説動画はコチラからどうぞ!
【エックスサーバーでワードプレスをインストール(設定)する方法!ドメインの割当て法も】

WordPressをインストールするとは?

まずは、
「WordPressをインストールする」
という言葉の意味についてまとめていきます。


正直、ここは知らなくても
ブログも立ち上がるし
収益化もできるので大丈夫なんですが

興味のある人や
しっかり自分の作業内容を把握しながら進めたい人は
読むと面白いかもしれませんね。(^^)

ハナハナ

WordPressは
サイトを簡単・便利に使いやすくするためのツールにゃ!

龍市龍市

そうやね。(*^^*)

ちなみに、サイトに最初から備わっているツールではなく
後から入れて使うツールです。


だから、まず最初に
WordPressをインストールする必要があるんです。

本来のWordPressのインストール手順としては、

・WordPressをダウンロード
・WordPressをサーバーへアップロード
・ブラウザからログイン

という手順を必要としますが、

トラトラ

この手順が面倒だし分かりづらいにゃ…(^_^;)

龍市龍市

ところが、エックスサーバーの場合、
もっと簡単にインストールすることができます!

ハナハナ

それは、助かるにゃ!

ってことで、今回の記事や動画では
そのエックスサーバーでの
WordPressの自動インストール方法をまとめていきます。

詳しいワードプレスとは?が気になる場合はこちらの記事をどうぞ!
⇒ WordPress(ワードプレス)とは?使い方やメリット・デメリットまとめ

エックスサーバーでのWordPress簡単自動インストール方法!

まずは、エックスサーバーのサイトへ

⇒ http://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーのドメイン取得方法と料金!無料プレゼントの受取り方も1

で、画面右上の
「ログイン」→「サーバーパネル」を押し、
サーバーID(ユーザーID)とパスワードを入力してログインします。


サーバーを複数契約している人は
インフォパネルから「ご契約一覧」の「サーバー」を見てみると
契約しているサーバーが一覧に表示され

各サーバーの「サーバーパネル」の欄に
「ログイン」というボタンがあるので
そこから入るのも楽ですよ。

エックスサーバーでwordpressを簡単に自動インストールする方法3

サーバーパネルにログインすると
こんな画面が表示されます。

龍市龍市

ここで注意です!

このまま次の作業に移ってしまう人が多いですが、
画面左下の認定対象ドメインを確認しましょう。

エックスサーバーでwordpressを簡単に自動インストールする方法2

ここが、初期設定のままだと
「◯◯(あなたの作ったサーバーID).xarv.jp」
というサブドメインにWordPressを立ち上げてしまうことになります。


必ず、あなたの取得した新ドメインに
切り替わっていることを確認しましょう。

(僕のおすすめ通りなら
.netか.comになっているはずです。)


もし、切り替わってなかったら
ドメインのサーバーへの割り当てが出来ていないので

に記載されている
『サーバーへのドメイン割り当て方法!』
を参考にサーバーへドメインの割り当てを行ってください。


認定対象ドメインが
ちゃんとあなたの取得したドメインであることが確認できたら

「ホームページ」の欄の
「自動インストール」へと進みます。

エックスサーバーでwordpressを簡単に自動インストールする方法4

最初、
「インストール済みのプログラム一覧」のタグを表示しているので
「プログラムのインストール」のタグへ変えます。

エックスサーバーでwordpressを簡単に自動インストールする方法5

すると、こんな画面に変わり
一番上に「WordPress日本語版」という欄があり、

中に
「インストール設定」というボタンがあるのでそれを押します。

エックスサーバーでwordpressを簡単に自動インストールする方法6

すると上のような画面が表示されるので、

・インストールURL
・ブログ名
・ユーザー名
・パスワード
・メールアドレス

を入力します。


と言っても、

インストールURLは
先ほど割り当てたドメインが最初から記入されているはずなので
実際に入力するのは残りの4つになります。

どれも、後から変えることも可能ですが
注意してほしいのは

・ユーザー名
・パスワード

の2点です。

これらは、これから
ブログの管理画面にログインする際に
入力することになるので

必ず忘れないように
どこかに控えて置いてください。

おすすめのパスワード管理法を紹介しています。

⇒ パスワードメモの簡単安全な保存方法とおすすめアプリを紹介!

メールアドレスは
ブログごとに新たに取得して
そのメールアドレスを設定すると良いですよ。

これらの入力が出来たら
「自動でデータベースを生成する」にチェックが入っているのを確認して

「インストール(確認)」へと進んでください。

エックスサーバーでwordpressを簡単に自動インストールする方法7

こんな画面が表示されれば
無事、インストールの完了です。

WordPressがインストールできてるかの確認方法!

これで、WordPressのインストールが
無事、完了したわけですが、

本当にインストールできているかの
確認を行いましょう。

エックスサーバーでwordpressを簡単に自動インストールする方法7

先ほどインストールの完了画面に
取得したドメインの後ろに
「/wp-admin/」が付いたURLが表示されているはずです。

そちらをクリック。

WordPress(ワードプレス)とは?使い方やメリット・デメリットまとめ1

すると、こんな画面が表示されます。

ここに、先ほど入力した

・ユーザー名
・パスワード

を入力すると
ブログの管理画面に入ることが出来ます。

エックスサーバーでwordpressを簡単に自動インストールする方法80

管理画面はこんな感じです。

※若干の違いはあります。

WordPressの自動インストールの方法まとめ

龍市龍市

いかがでしたか?(*^^*)

ここまでくると
やる事としては簡単だし
WordPressのインストールにはお金も掛かりません。

ただ、
認定対象ドメインの確認を
本当に多くの人が忘れがちです。

かく言う、僕も
初めてブログを立ち上げた際には
完全、独学だったので、

よく分からず「/.xserv.jp」のサブドメインの方に
WordPressブログを立ち上げて
運営していたという苦い経験があります。(^_^;)


サブドメインでも
10万円くらいなら
稼ぐこともできるそうですが

どこかでSEOの強さが頭打ちになって
収益の大きさに限界が訪れるので
きちんと新たに取得したドメインに立ち上げた方が良さそうです。

もし、この記事や動画を見ても

トラトラ

よく分からないにゃ…(^_^;)

って場合には
僕に気軽にご連絡ください。(^^)

⇒ afi.ryu.blo@gmail.com


ここからは、
ブログの設定を整えて
記事をどんどん投稿していくことになります。

龍市龍市

いよいよ実践です!

実際に収益が生まれた瞬間は
例えようのないような喜びに包まれるので
ぜひ、そこまで頑張ってください。(^^)

龍市龍市

それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました!