龍市龍市

どうも!
「心とお金を育てるパートナー」龍市です!
『2Mパートナー』へのご訪問ありがとうございます!(^^)

今回の記事では、
ブラックハットSEO・ホワイトハットSEOの意味や具体的な手法について紹介していきます。

インターネットで集客を増やすためには
SEO対策が必須で、

多くの企業やアフィリエイターも
このSEO対策に取り組んでいます。

僕達も、これから
SEO対策を頑張っていくわけですが

手法によっては、
Googleペナルティを受ける危険性が高まるので

しっかり理解して、
リスクを抑えながらSEO対策していきましょう!

↓↓↓ブラックハット・ホワイトハットSEOの解説動画はコチラからどうぞ!
【ホワイトハットSEO・ブラックハットSEOとは?意味や違い!上位表示させるためには?】

検索アルゴリズムの意味!

さっそく、ブラックハットSEOやホワイトハットSEOについて解説していきたいところですが

その前に知ってほしい単語があります。

『検索アルゴリズム』です。

検索アルゴリズムというのは、

Googleやyahoo!などの検索エンジンにキーワードを打ち込んで検索した結果、
よりキーワードに合致したサイトやブログを
検索上位に表示される仕組みのこと
を言います。


ブラックハットSEOもホワイトハットSEOも
この検索アルゴリズムが関係してくるので
ぜひ、覚えておいてください。(^^)

ブラックハットSEOとは?

ブラックハットSEOというのは、

Googleの規約から外れて
この検索アルゴリズムの穴を突き
不正に検索上位に表示させるSEO対策の手法のことを言います。


ひと昔前は、このブラックハットSEOが横行していたそうですが、

検索者にとって有害なので
Googleに取り締まられ、
現在では、そのほとんどがペナルティの対象とされました。


一応、どのような手法があるのか
これから紹介していきますが
あなたには、必要のない手法です。

へ〜、そんな手法もあったんだ〜

と他人事の様に読んでいってください。笑

ブラックハットSEOのNG手法

自作自演リンク


多くの他サイトで紹介される = 良サイト

とされ、検索上位に表示されやすくなります。

ですが、
意図的に業者からリンクを買って被リンクを増やしたり、

リンクファームという相互リンク募集サイトへの登録して被リンクを増やすのはNGな手法です。

今のところ、にほんブログ村の様なランキングサイトはGoogleからリンクファームとは認定されていないようで

多くのアフィリエイターが
こぞって登録していますが
いつかリンクファーム認定されるかもしれません。


僕は、Googleペナルティが怖いし
特に必要もないので
ブログ村への登録はしていません。


もし、あなたもブログ村への登録を考えているのなら
この辺りのリスクを考慮しつつ行ってください。

・隠しテキスト

ブログや記事中に検索キーワードを
多く含むサイトが検索上位に表示されやすいです。


そこで、記事内に背景色と同じ文字色で
キーワードをたくさん書いたり
(背景と同化して見えない)

極端に小さいサイズの文字でキーワードを書いたり等の

隠しテキストが一時横行しました。

今はGoogleに正式に禁止されています。


僕としては、
よくこんな手法を思いついたな〜
と感心しましたが(笑

あなたも絶対にやらない様にしましょう。

・隠しリンク

隠しテキストと同じ方法で、
大量のリンクを貼ることです。

これも、Googleから正式に禁止されています。

・コピーコンテンツ

記事や動画像等のコンテンツを
丸っとコピーして
別URLで公開することです。


おそらく、記事を書く際、
1番最初に聞くのが

「リライトしろ!」

だと思うのですが
このコピーコンテンツを避けるためです。

面白い記事を書く簡単なコツを紹介しています。
⇒ ブログの面白い・良い記事の書き方!特徴と構成から5つのコツを紹介

ホワイトハットSEOとは?

続いて、
ホワイトハットSEOの意味について見ていきましょう!

もう、なんとなく想像がついていると思いますが、

ホワイトハットSEOというのは、
ブラックハットSEOの反対で
Googleの規約に沿ったSEO対策の手法となります。


手法といっても、
ブラックハットSEOと違い

至って普通に健全にブログ運営していれば
ホワイトハットSEOを実践していることになります。

え〜、それだけ〜?(^^;)

と思われるかもしれませんね。

龍市龍市

大丈夫です!

普通に健全にブログ運営していくだけでなく

ハナハナ

これもやると良いよ!

という、より効率的にSEO効果を得るための方法もありますので
それを紹介していきます。

ホワイトハットSEOのおすすめ手法!

・内部SEOにも意識する

僕らがブログやサイトで
ホワイトハットSEOのために出来ることは
内部SEOを整えることです。

具体的には、

・タイトルタグの最適化

一昔前はタグを一つのコンテンツ(記事)に
ペタペタいくつも貼っていましたが、
今は、1~2つで十分です。

メインキーワードの一つだけが理想的ですね。


・見出しの最適化

見出しにもキーワードを入れつつ
読者が読みやすくなるように工夫しましょう。

・内部リンクの最適化

ブラックハットSEOの様に
外部からの無駄な被リンクはGoogleペナルティの対象となるので
やらないほうが良いですが、

内部リンク(同じブログ内の別の記事へのリンク)は
積極的にやるべきです。


そうすることで、
ブログ内での読者の遊覧率が上がり
よりユーザーのためになるブログだと判断されます。


また、内部リンクのリンク文章(アンカーテキスト)にも
検索キーワードを盛り込む工夫をすると、より効果的です。

あと、これは手法というか
考え方に近いのですが

・ユーザー目線に立ったコンテンツを作る!

もう全てがコレに尽きます。


ユーザー(ブログであれば読者)のために

・読みやすい
・面白い
・役立つ

などを意識しながら、
コンテンツを作っていくことが
ホワイトハットSEOの究極です。


Google自身もユーザー(検索者)のために
より良いブログやサイトを検索上位に表示されるよう
常に検索アルゴリズムを改変し続けています。


僕らも、このGoogleの意向に沿うように
より良いコンテンツをたくさん作っていきましょう。

ブラックハットSEO・ホワイトハットSEO まとめ

龍市龍市

いかがでしたか?

一昔前には

スパムのように外部の被リンクを
ベタベタ貼りまくるだけで
10〜20万円稼げた時期もあったそうです。

ですが、考えてみれば
お金を稼ぐというのは
価値と価値の交換
なので


そのようなブラックハットSEOで
稼いでいたブログやサイトが消えるのは
当然の流れだったのかもしれませんね。

ですが、今は

よりユーザーのためになる
価値のあるサイトやブログが
上位表示されるようになってきました。


これこそ、あるべき姿なのではないでしょうか?


考え方によっては
ホワイトハットSEOを極めることは

価値あるコンテンツを作るスキルを身につけることになるので

長く大きな金額を稼ぎ続けるには
むしろ早道で
楽になったのかもしれません。

ユーザーのためになる
価値あるコンテンツを作りまくっていきましょう!

龍市龍市

それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました!