龍市龍市

どうも!龍市です!
『2Mパートナー』へのご訪問ありがとうございます!\(^o^)/

突然ですが
音声入力、使ってますか?

音声入力では、
スマホに話しかけるだけで文字入力することができます。


これだけ聞くと

その他

ふ〜ん…で、それが?

とそれほどメリットを感じませんが
実際に使ってみると
めちゃくちゃ早いんです!


以前、
タイピングvsフリックvs音声で
どの文字入力が早いか対戦してみたんですが


結果は音声入力が圧勝!!
もう、ブッチギリの早さでした。笑

対戦実況動画


ただ、対戦してみての感想としては

龍市龍市

音声入力、早いけど慣れが必要そう…

でした。

とてもじゃないですが
ブログ記事のような長文で

龍市龍市

アレコレ考えながら
言葉(文字)を入れていくのは難しいのでは?

というのが正直な感想です。


そこで!


今回も実況動画を作りました!(o^^o)

・音声入力で長文を書きたい方
・これから音声入力を使おうと考えている方
・音声入力がどれほどのモノか興味のある方
・ブログ記事作成スピードを上げたい方
・スマホだけでブログ運営したい方


などには
これほど参考になる記事はないと思います。

動画も、ここまで本格的に
音声入力で長文を作成してるのはコレ↓↓以外見たことないです。


激レア映像なので
ぜひ、最後まで見ていってください。

↓↓↓音声入力による記事作成の実況動画はコチラ!
【【実況動画】iPhoneの音声入力だけでブログ記事を作ってみた!長文での使い方のコツも伝授!】

スマホ・アプリの種類

動画、見ていただけました?(^^)

やっぱり早いんですね~
まさか、ここまでとは予想してませんでした。笑


一応、記事の方にも
スマホや使ったアプリの種類を紹介をしますね。

スマホはiPhone6
メモ帳アプリにはEvernote(エバーノート)
を使いました。

もし、あなたが
iPhone以外のスマホや
Evernote以外のメモ帳ツールを使っていても

今回の動画と同じように
入力用のキーボードを出し
左下のマイクのアイコンで音声入力することが可能です。


Evernoteといえば
パソコンでもスマホでもiPadでも
使えて共有できるツールなので

龍市龍市

もしかするとパソコンでも…?

と期待したのですが
残念ながら、まだパソコンでは
音声入力できないようです。

パソコンのEvernoteにも
マイクのアイコンがあるのですが

音声の録音ができるだけで
音声での文字入力機能は無い様子。

龍市龍市

(頼む、Evernote!
パソコンでも音声入力できるよう機能を追加してくれ!笑)

「音声入力は長文には使えない」と言われる理由

その他

音声入力は長文には使えない

結構、多くの人が思ってるみたいですね。


僕も長文で、なおかつ
書く内容を考えながらの音声入力は難しいと感じました。

入力する内容を考えながら喋ってると
構成が変になったり
言葉につまったり、噛んだりしがちです。

「あの〜」
「え〜と…」

なんて言葉も文字になるので
長文で書く内容を考えながらだと

「長文での音声入力は使えない」

となってしまうわけです。


ただ、長文でこそ
音声入力の速さが活きるはずなのに

長文で使えないって
もったいないと思いません?






思いますよね!

ブログ記事のような長文を
音声入力で作れるようになれば


作業スピードが上がり
その分、たくさんの記事を作って稼ぐことも

余った時間とお金で
家族サービスすることや
趣味の時間を確保することもできます。


これはもう
「音声入力は長文には使えない」
なんて言ってる場合じゃありません。


今回の動画で、
無理やり長文を音声入力で作ることで
長文での音声入力の使い方やコツが見えてきました。


この使い方やコツを身につければ
音声入力の速さを維持したまま長文を作れるようになります。

長文での音声入力の使い方&コツ

長文での音声入力の使い方とコツは

・ダメ、絶対!ながら音声
・マイクボタンを連打すべし!
・音声入力の限界を知るべし!

です。


一つずつ、順に詳しく見ていきましょう!

ダメ、絶対!ながら音声

どこかで聞いたことありそうな
フレーズですね。笑


ここでいう
「ながら音声」
というのは

「考えながらの音声入力」

という意味です。


実際に考えながら音声入力してみると分かるのですが、
自分でもビックリするくらい

「え~」
「あの~」
「ん~と…」

ってしゃべってしまいます。笑


逆に、これらを言わないように
音声入力すると
話す内容に意識を集中できません。


では、どうするか?


考えてから話しましょう!

単純ですが、これが一番効果的です。

考えて(頭の中で)文章がまとまったら

音声入力する

考えて(頭の中で)文章がまとまったら

音声入力する

1文ずつ、この繰り返しで文章を
音声入力していけば
ゆっくり考えられるので

「え~」
「あの~」
「ん~と…」

と言わずに
話す内容に集中しながら
音声入力することができます。

マイクボタンを連打すべし!

音声入力を録音と同じように考えている人が多いようですが、
これらは完全に分けて考えた方がいいです。

具体的に何が違うかというと
”マイクボタンを押す頻度”です。


音声入力では
1文1文マイクボタンを押して
オンオフを頻繁に切り替えます。


一方、録音は一度
録音をオンにしたら、
最後までオフにすることはありません。


マイクボタンを連打するくらいの勢いで
たくさんオンオフを切り替えましょう。



もし、
いちいち切り替えるのが面倒だな~
と感じるのであれば、

そもそも
音声入力は向いてないのかもしれませんね。


厳しい言い方かもしれませんが、
そのくらい頻繁にオンオフを切り替えるのは重要になります。

それは、

1文1文考えてから話す

為でもありますが、
音声入力に限界があるから、
でもあります。

音声入力の限界を知るべし!

音声入力には限界があります。


コピペなどが必要なシーンでは
音声入力がまったく使い物にならなくなるし、

改行や行間
「、」や「。」の句読点を付けたい時も

いちいち

トラトラ

改行!改行!改行!

パンダパンダ

まる!

ハナハナ

てん!

と話すのも面倒です。(^_^;)笑

他にも、文字変換のときに
なかなか適切な漢字にならなくて

龍市龍市

変換!変換!変換!変換!…

なんて叫び続ける場面なんて
周りから見たら
ただの変人ですよね。笑

このような
音声入力が不利に働くシーンはたくさんあります。


こんなシーンに出くわしたら

あっ!音声入力の限界だな…

と考えて

さっさとフリック入力に切り替えるのが
早いし楽だし便利だし…


音声入力は、とにかく早いけど
万能ではありません。


僕ら使い手が上手に使うことで

スパッと切れる強力な武器にも
全然切れない、なまくら刀にもなるので

上手に使いこなしていきましょう。

iPhoneの音声入力を使い方&コツまとめ!

龍市龍市

いかがでしたか?(*^^*)

音声入力の一番の強みは
とにかく早いことです。


この強みを使いこなすためには

・考え(文章)がまとまってから話す
・オンオフを頻繁に切り替えてフリック入力と併用する

この2点を意識してください。


この2点を意識しながら
音声入力でブログ記事を作れるようになれば
あなたの作業スピードは劇的に早くなることでしょう!

しかも、まだ周りに
音声入力を本格的に使ってる人は少ないので
差別化できます。


なんなら僕みたいに動画に取れば
記事と動画が同時に完成できます。

一気に作業効率が倍!

おいしすぎますね。笑
ぜひ、試してみてください。(^^)

龍市龍市

それでは、最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

     >>

 

なぜ、龍市は寝てても遊んでても
毎月20〜50万円の収入を得られるのか?


僕のネットビジネスの
仕組みから、組み立て方まで暴露!


初心者にも再現できるよう
実践レベルでステップ・バイ・ステップ
順番に行うだけ済むようにまとめました。

◆ネットビジネスとは?稼ぎ方のメカニズムを徹底解析!
◆ネットビジネスを始める超具体的な方法
◆成功者のマインドセット
◆スマホ一つで稼ぐ技・手法
◆初心者でも人を惹きつける記事を書く文章術

…などなど。

「無料でいいんですか!?」
「奉仕の精神がハンパない…」

なんて言われるくらい
濃い情報をまとめてます。

◆スマホ一つで稼ぐ技・手法
◆初心者でも人を惹きつける記事を書く文章術

なんかは
僕が数十万円のお金をかけて手に入れた情報が
無料でまとめられてます。

その関係で
人数限定で配布させていただいてます。

規定の人数に達し次第、突然配布を終了するので、
プレゼントを受け取ることができる今すぐに、
メール講座に登録をしてあなたのスキルにしてください。

※配布終了した場合、
お金を頂いてもお伝えすることはできませんので
あらかじめご了承ください。


下記にメール講座登録フォームがありますので、

1、お名前(苗字のみ、ニックネーム可)
2、メールアドレス

を入力後、「確認する」ボタンをクリックしてください。

折り返し、プレゼント付きのメールを送信します。

※万が一、5分経っても返信がこない場合は、
迷惑メールを確認してください。

それでも、メールが来ていなければ、
メールアドレスが間違っている可能性がありますので、
再度、入力をして登録し直してください。

超絶ホワイト手法で自由になるネットビジネス講座
参加登録フォーム

お名前(苗字のみ・ニックネーム可)
メールアドレス