妻のクレーム神対応で思った事!相手に非があってもお金にも成らずとも…

龍市龍市

どうも、心とお金を育てるパートナー龍市です!

僕には結婚して6年になる妻がいます。

彼女は昔から人と接するのが好きで
接客業がやりたいとのことで
パートに働きに出てくれています。


いくら接客業が好きで
望んで働いているにしても
クレーム対応はしたくないと思うのが普通ですよね。(^_^;)


ですが、妻はパート先で
かなり厄介なクレームの電話を受けてしまったそうです。

周りの同僚達もあまりの長電話に心配するなか
妻は電話の最後、そのクレーマーに

その他

あなたと話せて良かった。ありがとう

とまで言わしめる神対応をしたそうで、
自慢げに教えてくれました。


僕としては、話で聞いただけで
少し嫌な気分になり、重い気持ちになったのですが

龍市龍市

今まで考えもしなかったけど
かなりビジネスに通ずる部分があるな…

と感じる部分がありました。


そこで、この想いを皆さんにもシェアしようと
こうやってブログに記事を書いています。

この記事を読んでくれているあなたも
読み終わったとき、
少しビジネスに対する考え方が変わるかもしれません。

ぜひ、最後まで読んでいっていただければと思います。

↓↓↓妻の髪クレーム対応の解説動画はコチラからどうぞ!
【妻のクレーム神対応から学ぶビジネスの本質!バカにできないお金になるクレーム対応方法!】

クレームの内容

妻のクレーム神対応で思った事!相手に非があってもお金にも成らずとも…1

まずは、今回、
妻が受けたクレームの内容をご紹介します。

妻が働いているのは
観光施設で行なっているのは受付や事務です。

その観光施設は市や県の運営する施設で
今日はちょうど市のイベントが行われている日でした。

今回のクレームは、

その他

市のやり方が気に入らない

と言ったものらしく


内容を聞いたところ、
市の運営方式やスタッフの対応が悪いなど
言いがかりじみたものが主だったようです。


実は、この手のクレームは多いらしく
妻以外の人が電話を受けた場合、

さっさと市なり、スタッフなりに電話を変わったり、
なるべく早く電話を終わらせるよう適当に話を流したりする人がほとんどだそうです。

龍市龍市

当然ですよね。(^_^;)

いちいち真剣に取り合っていたら
こちらのメンタルが削られて疲れてしまいますし、


クレーム対応に追われている間、
自分達の仕事はストップしてしまうわけですから、
一刻も早く終わらせたいと考える人がほとんどだと思います。

妻のクレーム神対応

こんな感じで、

普通ならサッサと終わらせてしまいたいクレームの電話に対し、
妻はどのように対応したのかというと

【真摯に話を聞く】

この一点だったようです。

妻いわく、

妻

市もスタッフも、
いちいちクレーマーの言うことをまともに取り合わんやろうし
適当に話を聞いたフリして流すだけやら。

それだと、
聞く市やスタッフさんも疲れるだけやし
クレームのおじさんもストレス溜めるだけやん?

私はこう言うのに耐性あるで疲れんし、
私が話を聞くだけで満足してくれんかなって思ったんや〜

(方言も忠実に再現しています。笑)

我が妻ながら、

龍市龍市

よく、できた人だな〜

と思います。笑


妻はクレーマーに想いのうちを全て
自分の電話で吐き出してもらおうと考え、
いろいろ質問したそうです。

妻

市の人もスタッフも今日はイベントで忙しいので、
ちゃんとした対応はできません。

なので、私にお聞かせいただければ
私の口からお伝えしますよ?

驚いたことに妻はクレーマーの電話代のことまで考えて、
一回の電話で済ませようとも考えていたそうです。

こういった感じで、
あえてクレーマーの想いのうちを吐き出させて
相槌を打ちながら真摯に全て聞いたそうです。


で、その結果が

「あなたと話せて良かった。ありがとう」

に繋がったというわけです。

妻のクレーム神対応を聞いて思ったこと

ここから先が、ビジネス的な考え方として感心したのですが、

龍市龍市

一円にもならんのに、大変やったね

と言ったら

妻

時給は発生しとるで良いんや〜。
それに『ありがとう』のお礼の言葉が一番の給料や

龍市龍市

スゲーな…

と感心しました。

確かに、今回の妻のクレーム対応には
時給以外には一円も発生していません。


ですが、ひとりの人間に心から感謝されたのは間違いないですし、

本来、ビジネスで稼ぐお金の金額は
感謝された数とイコールであるべきだと思うし、
実際、限りなくイコールに近いと思います。

感謝された数=稼げる金額?

【感謝された数=稼げる金額】


サラリーマンを辞め、
自分のビジネスを始めてからは
常々、痛感させられます。

僕はインターネットビジネスで稼げるようになったばかりの頃、
その稼ぐ方法を人に教えるつもりはありませんでした。


ですが、お金に困っている人や稼ぎを増やしたいと思っている人は沢山いるし、
実際に「教えてくれ」という声も多かったです。

こういう声が思いのほか多かったので
教えてみたところ、多くの人が実際に稼げるようになり物凄く感謝されました。


「お礼のお金を振り込みたいから
口座を教えてくれ」

とまで言われたこともあります。


インターネットビジネスは
一度、コンテンツ(ブログ記事とか)を作ってしまえば
それが、半永久的に残って人の役に立ち続けます。


僕の場合、お金を稼ぐ方法のコンテンツだったのですが、
その一つのコンテンツが沢山の人の役に立ち、沢山の感謝の気持ちを生んだのです。

この沢山の感謝の気持ちこそ、
今の豊かな生活に繋がっているんだと思います。

実際、人に教えるようになってから
感謝のメールの量と共に稼ぎも増えていきました。

妻がクレーム神対応した結果…

妻のクレーム神対応で思った事!相手に非があってもお金にも成らずとも…2

今回の妻のクレーム対応では
感謝こそされ直接的には一円にもなりませんでした。


ですが、その話を聞いて
僕はこうやって一つのコンテンツを作ることができたし、

もしかしたら、この記事を読んで
クレーム対応の仕事に誇りを持てるようになる人が生まれるかもしれません。


一つの感謝が連鎖的に増えていくってことですね。



ちなみにですが…

僕は妻の話を聞いて記事を書こうと決めた時、
コンテンツのネタをもらったお礼としてケーキを奢りました。

結局、感謝は回り回って自分に帰って来るってことですね。


【感謝された数=稼げる金額】

意外に見落としがちな
ビジネスの基本だと思います。

もし、沢山のお金を稼ぎたいと思うのなら
稼ぎ方等の方法も重要ですが

「沢山の人に感謝されるには?」

を基準に考えてみるのも良いかもしれませんね。